-

子どもが小さい頃喘息だったことから、喘息やアレルギーの子どもを持つ親の会のスタッフを長年していました。実は小児喘息の診療というのは、病院や医師によって差があります。使っている薬は同じでも、増量の仕方と減薬の仕方、管理の方法、目標設定、炎症を抑える薬と発作に対処する薬、抗アレルギー剤の使いわけはできている先生と残念ながら対処療法にとどまっている先生の両方がいます。 子どもの喘息でよい主治医をみつけるためには、まずご両親が喘息について勉強することをおすすめします。知識があると余裕をもって先生や症状と対応できます。それから、小児喘息は「発作が起きたら対処する」のではなく、「発作が起きないようにコントロールする」ことが大事なので、きちんとそこに目標を置いている先生を選ぶとよいと思います。ですから、ピークフロー測定は必須。ピークフローの記録がないと、後々吸入ステロイド薬の減量が難しくなってしまうということにもつながります。

Category

リンク