-

ローンキャッシングしたケースは、お金を返す時には利息を上乗せした返済になるのは知っているはずです。

銀行又は金融機関は営利を狙いとした企業なのですから当然です。

ですがお金を支払う方は、1円でも少なく返金したいというのが本心でしょう。

利息制限法が施行される一昔前は、年間30%近い金利返済していましたが、適用後は高くても年間18%位ととっても低く設定されていますので、とってもお得になったはずです。

今のキャッシングの利子幅は4%位から18%位の範囲が設けられていて、利用上限額により定められます。

利用上限額は申込み本人の評価によって影響します。

総量制限により年の収入の1/3までと決められていますので、一年の収入がいくらなのか?どういった職業についているのか?クレジットの利用状態はどうなのか?等が審査され与信額としてカードの内容が決まることになります。

カードを使ったローンの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各業者で金額は違います)と広い範囲があります。

そうしてその枠の中で決まった使用可能額により利率も決まるのです。

50万円なら18%、300万円なら12%、800万円なら年間4%といった感じになるのです。

いわば、査定が高評価であれば、与信額も多くなり、利息も低くなります。

これに疑問を受けるのは私しだけでしょうか?余談となりますが、金融会社にとって、これらの事実は当たり前でしょうが、収入の良い人がお金の借入れが必要とは思えませんし、仮にキャッシングローンを利用したとしても利息が良かろうが悪かろうがお金を返す事に悩む事はないです。

むしろ年の収入悪い人は直ちに必要だから借り入れを行う人が大半です。

利率が多いとお金の返済に追われるはずです。

ですので使用可能枠の低い人にこそ低利率で使用できるようにする必要があるのではないでしょうか。

この見方は活用する視点からの考えではあります。

これらの事を考えると、利子を安くする為にはどうしたら良いのか、おぼろげながら分ったと思います。

実際にこれから記述方法で、申し込む人が大勢いるので説明しますと、クレジットカードの申請をする際、収入の1/3ぎりぎりの金額まで申込みを行うのです。

年収450万円なら150万円。

年収900万円なら300万円で申し込み、審査で申し込んだ満額通ればその分だけ利息が低いキャッシングできるカードを手に入れることができます。

であっても上限ギリギリまで利用しなければならないわけでもないのです。

1万円でも40万円でも必要な分だけ利用ができます。

そして利用限度額が300万円で最低利子年間7%位のローン会社も有りますので、その金融会社に手続きをすればその業者の最低金利で受ける事ができます。

どうですか?考え方を変えるだけで低利息のクレジットカードを持参することが出来るはずです。

自分自身の年収とローン会社の利息を比べて、調べる事に時間を割けば、より満足できる状況でキャッシングできるのですから、きちんとチェックするようにしなければなりません。

Category

リンク