-

支払うべきお金のあるカードの解約にも慎重に…ショッピング枠または会社独自のプランキャッシング枠というような種類のローン残高に関する負債が引き続いて終了していないという状況にも関わらず機能停止をするとなると、当たり前の帰結とは言えますがカードの契約失効手続きと一緒に未払い残高に対して一度に全て返済することを督促される場合も(要は払い渡しがまだ終わっていない残金を解約したいというつもりならば一度に返済しろといった風に要求されます)。

家計の残高に余裕がすぐに使える形で存在する状態ならば問題ないと思われますが手持ちがあまりない状態でそういった機能停止ということをやってしまうのは戻ってきたブーメランで怪我をするようなものだというようにも思われるため、払い渡しが済んでからクレジットの使用取りやめを行うことにすれば間違いがないでしょう。

使用取りやめにおいて一体どの程度お手元のカードを使用して精算にかかる費用がどれくらいかをしっかり知った結果納得して無効化に及んで下さい。

使用不可能化のための支払いという代物が請求されるクレカもある》2010年現在、すごく一部の条件となってはいますが特殊なクレジットについては契約失効手続き上のマージンに類する費用が必要になってしまう条件があります(少数のVISAカード等が該当するのみ)。

とてつもなく特異な状況でのみ発生するものである故全然気にしなくても問題ないけれども、クレジットカードを作ってからある一定の期日以前において使用不可能化するケースなどに無効化手数料が必要になる仕組みになっているため、上記のような契約失効手続き上のマージンを出したくないと考えているならば、定められた期間の経過を待ってちゃんと期日を全うしてから無効化を実行するようにするようにしてください。

余談ですが頭に入れておいておくと良いのは、そのようなケースは解約に及んだ時点で顧客対応窓口の応対者サイドを通じて告知もしくは予告のようなものが適宜あるはず。

何も報告もしないまま突然無効化のための支払いといった類いのものが引き落とされることはあり得ない話ですのでまずは機能停止を受付に申し出て所有しているカードに使用不可能化手数料が払う必要があるか問い合わせて頂きたいと考えております。

Category

リンク